集団ぶっかけオナニー

「先生は俺たちの肉便器だろ…」。前編では生徒たちによってたかって陵辱ペットにされ、授業中強制集団ぶっかけオナニー大会、保険室強制フェラ、集団好き放題ヤリたい放題のバイブ&ルーター挿入とまるで生徒たちの玩具扱いにされた桜月舞先生!後編では更に凄まじい陵辱地獄が桜月舞先生を襲うことになるのです。真っ青な空の下、屋上で同僚の先生となにやら世間話をしている桜月舞先生!そこにある生徒が先生を呼び出すのです。電子自動ルーターをつけろと言うのです。同僚の先生に気づかれないように電子自動ルーターをマンコにハメて同僚の先生の元へ!すかさず生徒はそのルーターのスイッチを入れると、その振動に立っていられない程、感じまくる桜月舞先生!しかし、こんなことは単なる陵辱地獄の前触れでしかなかったのです。ほんとうの問答無用陵辱地獄は今、これから始まろうをしているのです!誰もいない教室の空間で複数の生徒たちの手により、桜月舞先生の白い肌が汚されていくのです。体育用のマットレスの上に寝かされ、着ている洋服を破り、むしり取られ、反り立つ複数の肉棒を強制的に咥えさせられる先生。どんなに叫んでもその声はむなしく誰の耳にも届かないのです。ひよどり越え、本駒がけ、撞木ゾリ、駅弁風浮遊ファック、肉弾が弾ける音のみが教室の空間に響き渡り、やがて、あれほど抵抗していた桜月舞先生の喘ぎ声が教室から聞こえてくるのです。とにかくアナタの目で股間で桜月舞先生の卑猥な姿を見て感じてください。

oietnt : 18:55 | Tb (0) | Page Top ▲